アドレスバーがグリーンの場合最高ランクのSSLを導入しているサイトです

アドレスバーがグリーンになっているサイトを見たことありますか?それは最高ランクのSSLを導入しているサイトということになります。 - ドメイン認証SSL証明書

ドメイン認証SSL証明書

SSLサーバ証明書の種類は、大きく分けて、ドメイン認証、組織認証、EV認証といったものが挙げられます。
認証局の違いによって、ネーミングは様々にあるでしょうが、ここではドメイン認証について、詳しく紹介していきましょう。

ドメイン認証の特徴

ドメイン認証とは、ドメインの所有者確認を行って発行されるSSL証明書です。
このドメインとは、CSRに記載されているコモンネームのことになります。
例えば、あるサイトのドメインである「○○○.jp」でSSL証明書を取得したいと申し込みをした場合には、このドメインが企業や所有者など、申し込んだ企業や所有者のものであるという確認が取れれば、SSL証明書が発行されるということです。
所有者の確認方法は、認証局などによってさまざまです。
代表のアドレスにメールを送るため、受け取り次第、メール記載のURLにアクセスしてくれといったものから、該当ドメイン直下に指定されたHTMLファイルなどを設置させ、クロールで確認が取れ次第、完了といったものも挙げられます。
ちなみにクロールというのは、googleのクローラーが行っているwebページをダウンロードして解説をするというあれです。

ドメイン認証の利点とは?

ドメイン認証は前述にある通り、所有者確認のみでの発行ですから、かなりお手軽です。
それはつまり、社会的信頼度は、あまり高くない証明書であることを意味するということです。
ドメイン認証のメリットは、人間が直接書類審査などをする必要もなく、すべて認証局側のプログラムによって処理がされるため、お手軽であり、ローコストで済むという点が挙げられます。
発行自体に関しても、早いところですと、数分で発行してもらうことが出来ますから、早急の導入などの際には便利ですね。

関連する記事