アドレスバーがグリーンの場合最高ランクのSSLを導入しているサイトです

アドレスバーがグリーンになっているサイトを見たことありますか?それは最高ランクのSSLを導入しているサイトということになります。 - 組織SSL証明書って?

組織SSL証明書って?

SSLには種類があり、各認証局が複数の証明書を発行しています。
その中でも組織認証SSLというものが存在しています。
ドメイン認証では、あまりに信用度が低かろうと思っている一般企業向けに発行されている証明書になります。
ここでは組織認証SSL証明書について、詳しく紹介していきましょう。

組織認証SSLの特徴

組織認証SSLでは、ドメイン認証と同様に、ドメインの所有者確認をするのは当然のこと、更に所有者が本当に実在しているかどうかを帝国データバンクなどの第三者のデータベースを利用して情報を収集します。
更に登記簿謄本や印鑑証明などの各種証明書の提出によって、身元をしっかりと確認した上で発行されるという証明書になります。
様々な書類を提出する必要があり、それを確認するための手間もかかります。
プログラムではなく、人間の手によって行われますから、時間も当然にかかってきます。
ただ、取得できた場合、証明書にも組織名などがしっかりと記載されることから、ユーザーからしてみると、ドメイン所有者はもちろん、その身元も確認できるため、安心度は格段に高まるでしょう。

コストは高いが信頼には代えられない

組織認証SSLでは、コモンネームである一般認証と組織。
更に部門やシリアル番号のほかにも、発行者の一般名称や組織も記載されます。
ただし、前述にもある通り、金額も高くなり、時間もかかります。
平均して5万円から6万円といった年間コストが掛かる証明書はこのタイプの証明書と考えてよいでしょう。
しかしながら、コストを掛けたとしても、ユーザーから信頼を得られると考えれば、当然にコストをかけてでも信頼の方を取るべきでしょう。
ユーザーから情報を提供してもらうということは、それだけの責任があるのです。

関連する記事